協会のご案内

会長挨拶

愛知県医療法人協会は、愛知県内の医療法人(正会員)と当協会の趣旨に賛同して入会した法人格を持たない愛知県内の病院・診療所及び愛知県外の医療法人(準会員)、賛助会員からなる会員数178の団体です(平成28年9月現在)。

 

「医療法人の健全なる発展と医療従事者の資質の向上を図り、県民医療の向上と医療法人永続を期すること」を目的としています。そのために、「医療法人・病院の経営」「医療制度」「職員の資質向上」などをテーマにした研修会を年に50回以上開催するなど活発に活動しております。

 

2025年に向けて医療・介護の機能の再編が始まりました。地域医療構想も枠組みは固まりましたが、中身の議論はこれからです。地域包括ケアシステムの中で、医療・介護の両方を担っている医療法人の役割は極めて大きいと考えます。当協会では、他医療団体や行政機関と連携をはかりながら、会員間での情報を共有し、新しい医療・介護体制に取り組んでいく会員の皆様のお役に立てる活動をしたいと考えております。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

会長 井手 宏

協会概要

一般社団法人愛知県医療法人協会は、昭和61(1986)年1月31日に法人格を取得して社団法人となり、法改正により平成24(2012)年4月1日に一般社団法人となりました。

目的

医療法人の健全なる発展と医療従事者の資質の向上を図り、県民医療の向上と医療法人の永続を期することを目的とします。

事業

上記目的を達成するために次の事業を行います。

  1. 医療法人の普及及び育成に関する事業
  2. 医療法人の経営・管理に関する事業
  3. 公衆衛生及び地域社会活動に関する事業
  4. 関係行政機関との連絡協議に関する事業
  5. 医療税制の研究と指導に関する事業
  6. 医療法人の相互の連繋及び親睦に関する事業
  7. その他前条の目的を達成するため必要な事業

組織は「理事会」を中心として、目的に応じて各委員会を構成し事業を企画運営しています。また、事務部門長で構成する「事務部会」と看護部門長で構成する「看護部会」があり、専門とする分野の事業企画や情報交換を行なっています。

各委員会は、理事及び事務部会役員、看護部会役員により構成され、目的とする事案に職種の枠を超えて情報提供や意見交換をして、その目的達成のために様々な事業を展開しています。

定款

詳細は下記内容をご確認ください。

貸借対照表

詳細は下記内容をご確認ください。

組織図

組織図

画像をクリックすると拡大表示します。