日本医療法人協会 愛知県支部

愛知県には「一般社団愛知県医療法人協会」という大変歴史のある組織があり、大変活発に協会活動をしています。

日本医療法人協会愛知県支部が独自に活発な活動をすると、お互いに同じ内容の活動となり、労力を分散してしまい大きな成果に繋がらないと思います。そこで、愛知県では支部独自の活発な活動を見合わせて、愛知県医療法人協会活動と協調し、全く同一活動をしています。

愛知県医療法人協会は、昭和61年(1986年)1月31日に法人格を取得して社団法人となり、法改正により平成24年(2012年)4月1日に一般社団法人となりました。
当協会の目的は、「医療法人の健全なる発展と医療従事者の資質の向上を図り、県民医療の向上と医療法人の永続性を期すること」です。そのために、『医療法人・病院の経営』『医療制度』『職員の資質向上』等をテーマとした研修会を年に50回以上開催するなど活発に活動いたしております。

当協会が活発に運営できるようになった理由は、以下の二つの制度を先輩たちが構築したおかげです。

第一に各法人の理事長以外の理事も協会の理事になることができる。
第二に医師以外でも協会の理事として活躍できる。

理事長以外の看護師・事務長などの活躍により、愛知県の民間病院協会は大変活発な協会活動をしています。

支部長 小林武彦